誠に勝手ながら、2015年10月に開設しましたみんなのスター・ウォーズは、
この度、サイトを閉鎖させていただくこととなりました。
これまで本サイトをお楽しみいただき、ありがとうございました。

©KADOKAWA CORPORATION

画像: 誰もがメロメロに!キュートなドロイドBB-8誕生の秘密

誰もがメロメロに!キュートなドロイドBB-8誕生の秘密

全世界で大ヒットを記録中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(公開中)。本作で最も注目を集めているキャラクターと言っても過言ではないのが、ボール型の新ドロイド、BB-8だ。首を傾げたり、主人を一生懸命に追いかけたりといった愛らしい姿に日本でもメロメロになる人が続出し、ネット上を中心に話題になっているが、この度、そんなBB-8の魅力の秘密に迫った特別映像が解禁された。
【写真を見る】砂漠を一生懸命に走る姿がカワイイ!
「子供の頃、初めて観た『スター・ウォーズ』は全てがリアルだった。C-3POもR2-D2も実在すると本気で思えたんだ。だからBB-8も同じように作りたかった」と熱く語るJ.J.エイブラムス監督。当初から“次世代のR2-D2を作る”と意気込んでいたそうだが、彼がナプキンに描いた大小2つの円からBB-8は誕生した。名前の由来は、「BB-8」という音が擬音語のようであることや、姿形が「8」や「B」ふたつで出来ているように見えることから思いついたそう。映像では、キュートなBB-8の姿だけでなくJ.J.が実際にナプキンに描いた原案のスケッチも公開され、どのようにBB-8が生み出されたのかが明かされている。
J.J.は「BB-8は子犬みたいなんだ」と語り、「R2-D2とはちょっと違って文句は言わず、任務に熱心で役に立ちたいという気持ちが強い純粋なキャラクターなんだ。パーソナリティをしっかり出せたから、本当に生きていると信じてしまいそうになるよ」とコメント。「誰もが虜になるわ!彼はR2-D2よりも小さいし、生きているの!」とレイ役のデイジー・リドリーも同意し、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックも「彼はまさに生命を宿しているね」と、その個性的な姿を絶賛している。
また、ドロイドの先輩であるC-3PO役のアンソニー・ダニエルズも、「私を完全に驚かせたもの、それがBB-8です。このドロイドが生命を宿すところを私は目の前で見たのです。BB-8のシーンに私が出ています。私のシーンにBB-8が出ているという言うべきだと思う人もいるかもしれませんが、BB-8はスターですから、むしろ、私が彼のシーンに出ているという感じなのです。あれは一番愉快なキャラクターですよ。ごめんよR2、口惜しいだろうね。おそらく人々はBB-8に心を奪われるでしょう。BB-8とシーンを共にする役者は気をつけた方がいいですよ(笑)」と冗談交じりにBB-8を褒め称えている。
一度観れば、誰もがハマってしまう魅力を備えたBB-8。本作『~フォースの覚醒』は新たなる3部作の1作目ということもあり、今後の活躍にも期待がかかる!【Movie Walker】

news.walkerplus.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.