誠に勝手ながら、2015年10月に開設しましたみんなのスター・ウォーズは、
この度、サイトを閉鎖させていただくこととなりました。
これまで本サイトをお楽しみいただき、ありがとうございました。

©KADOKAWA CORPORATION

画像: SW愛が炸裂!著名人による個性的すぎるBB-8写真19点

SW愛が炸裂!著名人による個性的すぎるBB-8写真19点

遂に本日12月18日(金)18:30より全国一斉公開となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。いよいよ刻々とその解禁が迫る中、ひと足先に、公開を記念したエキシビション「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」が12月18日より開催。まずはこのスター・ウォーズ愛に溢れた作品集を見てテンションを一層あげていただきたい!
【写真を見る】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開前から絶大な人気を誇るBB-8
このエキシビションでは、歌舞伎俳優の尾上松也やタレントのマギー、俳優の速水もこみちら、19名の著名人が手がけた、オリジナリティあふれるBB-8アートが展示されている。
今回、特に目を引いたのはラーメンズ・片桐仁の作品「BeeBee-8」。まさかのダジャレ(!)となったこの作品は、BB-8を蜂に見立て、変態前と変態後の2体を使ったかなりの力作。中川翔子の作品は、ルークやレイアといった旧3部作のキャラクターを、BB-8のボディに描いた「スター・ウォーズ」愛に満ちた一作となっている。
筆者が個人的に「欲しい!」と思ったのは東京大学レゴ部が手がけたBB-8。市販されている部品のみを使うという制約のなか、見事にBB-8の細部まで表現している。
会場にはこのほかにも、過去作のポスターや「スター・ウォーズ」のキャラクターが乗ったねぶた、等身大フィギュアなど、作品にまつわるさまざまな展示がされている。
「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」は汐留・日本テレビ 2階日テレホールにて12月18日から12月29日(火)まで開催。どの作品もここでしか見れないようなものばかりなので、ぜひ足を運んでいただきたい!【取材・文/トライワークス】

news.walkerplus.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.