誠に勝手ながら、2015年10月に開設しましたみんなのスター・ウォーズは、
この度、サイトを閉鎖させていただくこととなりました。
これまで本サイトをお楽しみいただき、ありがとうございました。

©KADOKAWA CORPORATION

画像: ルーカスも登場!『スター・ウォーズ』ワールド・プレミア開催

ルーカスも登場!『スター・ウォーズ』ワールド・プレミア開催

『スター・ウォーズ』シリーズの新たなる3部作の第1作として注目を浴びる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日18:30公開)が遂に完成。全世界公開に先駆け、12月14日(日本時間12月15日)にハリウッドで史上最大規模のワールド・プレミアが開催された。
【写真を見る】おなじみのドロイドコンビ、C-3POとR2-D2も登場
プレミア会場に選ばれたのはハリウッド大通りにある3つの映画館、TCLチャイニーズシアターとオスカー受賞式が行われるドルビー・シアター、そしてエル・キャピタン。3つの映画館で同時にプレミアが行われるのは超異例のこと。ハリウッド大通りを4ブロックにわたって完全封鎖し、450mにも及ぶレッドカーペットに世界各国から総勢600名にのぼる報道陣が集結するハリウッド最大規模のプレミアイベントとなった。
レッドカーペットにはファーストオーダー・ストームトルーパーらが登場し、人気ドロイドコンビ、R2-D2とC-3POと新ドロイドBB-8も登場。そして、先日来日を果たしたJ.J.エイブラムス監督やデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバーら“新たな主役たち”と、“レジェンド”であるハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルが姿を見せ、さらにはシリーズの生みの親ジョージ・ルーカス監督まで登場すると、会場は熱狂に包まれた。
ルーカスは「楽しいよ!」とイベントに興奮しつつ、「はじめたときから全然こんなに(大きく)なるなんて思ってもいなかったよ」とコメント。「若い人向けの映画を作りたいってところから始まって、精神的に変化のある思春期を迎えている人たち向けにしたかったんだ。この映画は家族の話だから。世代の話なんだよね。一つの世代が、次の世代が対応しないといけないものを残していくという内容でもあるよね」とシリーズについて語った。
そして、そのルーカスからバトンを受け継いだJ.J.エイブラムス監督は、製作を振り返り「3年がすごく長く感じたのに、同時に一瞬な気もするよね。なんか変な感じがするよ」とコメント。「みんなこんなに映画を楽しみしてくれているのがうれしいよ。ご近所の方々に申し訳ないよ」と喜びを語った。
ハリソン・フォードは、イベントについて「素晴らしいね」とニヤリ。「70年代は、誰もこういう映画を見たことがなかったけど、今は、みんなが知っている作品で、期待するものも大きい」と語りつつ、プレッシャーを感じるか?と問われると「いや、J.J.のせいにするさ!僕は働くだけだ」とジョークを飛ばした。
マーク・ハミルは「この数年間の間彼が何をしていたのかを想像することだね。過去を入れ込みつつ、いかに今回のキャラクターの中に自然に溶け込むのかというのを意識したよ」と、ルーク・スカイウォーカー役を再び演じるにあたって難しかったことを明かす。キャリー・フィッシャーも、レイア役を演じるため「昔の自分に話しかけてみたわ。それから数年後だからね。でも、大した答えは返ってこなかったわよ(笑)」と語った。
そして、シリーズ初の女性主人公レイ役のデイジー・リドリーは、背中が大胆に空いたレースのドレスを着た艶やかな姿で登場。作品の中でミレニアムファルコンを操縦したことについて質問されると「とても楽しかったわ!」と興奮気味にコメントした。
これまで日本でも様々なイベントが催され、“スター・ウォーズ・イヤー”として世界を熱狂で包んできた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。待ち望まれた歴史的な公開日まで、あと少しだ。【Movie Walker】

news.walkerplus.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.