誠に勝手ながら、2015年10月に開設しましたみんなのスター・ウォーズは、
この度、サイトを閉鎖させていただくこととなりました。
これまで本サイトをお楽しみいただき、ありがとうございました。

©KADOKAWA CORPORATION

画像: 『スター・ウォーズ』新作のJ.J.エイブラムス監督は「高田馬場」がお気に入り

『スター・ウォーズ』新作のJ.J.エイブラムス監督は「高田馬場」がお気に入り

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日18時30分公開)の来日記者会見が、12月11日にシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで開催。J.J.エイブラムス監督と、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバーというメインキャストの3人が登壇した。劇中のストーリーの秘密を1つだけ教えてほしいと言われたエイブラムス監督は「NO!!」と即答し、笑いを取った。
【写真を見る】実におしゃれ!新星ヒロイン、デイジー・リドリー
J.J.エイブラムス監督は「映画を観に行って、『ほとんどこれ、知ってたな』という気持ちになるのが一番嫌なんだ」と苦笑い。「予告編ですでにいろんなポイントが出ているけど、重用な筋や驚きの部分は、極力出したくない。でも、1つだけなら言える。劇中で出てくる惑星“タカダノ”は、初来日した時に泊まったのが高田馬場のホステルだったから、その時の思い出を入れたんだ」。
来日2度目となるデイジーは「また、日本に来られてうれしいです」と日本語で挨拶。午前中のイベントが荒天で中止となったが「時間が空いたから、原宿にショッピングできて良かったわ」と笑顔でコメント。
ジョン・ボイエガも「秋葉原に行って、とってもクールなものをたくさん買ったよ。太鼓やロボットなど、使わないものばかりだけど、買うだけでハッピーになれたよ」とご機嫌に語った。
フォトセッションでは、新ドロイドのBB-8も登場し、愛嬌たっぷりに挨拶。J.J.エイブラムス監督やキャストたちとフォトセッションに参加した。【取材・文/山崎伸子】

news.walkerplus.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.